×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


Italian Airplanes 3  2007年11月21日 HOME
I.F = Isotta-Fraschini / L.D = Lorraine-Dietrich
Military Fighter


名称


初飛行
乗員
全幅
全長
全高
翼面積(m2)
自重
全備重量
エンジン




最大速度
巡航速度
上昇限度

上昇率
航続距離

武装
搭載量
構造
生産数

備考
Macchi
M.5

1917-
1
11.9m
8.08m
2.85m
28
758kg
1,028kg
I.F
V.4B
水冷直6
160hp

190km/h
165km/h
6,200m

1,000m/3min
3h40

MG * 2

木製モノ、羽布
244+100
M.5mod

伊軍初の戦闘飛行艇 2. 離着水は内海に限定 3. モデルは Hansa CC 4. M.5mod はエンジン強化型
Macchi
M.7ter

1918-23
1
9.95m
8.09m
2.97m
23.5
805kg
1,098kg
I.F
V.6B
水冷直6
260hp など

210km/h
167km/h
7,000m


3h

MG * 2

木製モノ、羽布
110
各型計

艇体とエンジンを変更した M.5 の後継機 2. 競速機のbis、艦載型のAR、Lorraine 480hp装備のb など
Macchi
M.41bis
/M.71
1927-29
1
11.12m
8.66m
3.12m
31.92
1,107kg
1,537kg
Fiat
A.20
水冷V12
420hp

256km/h
223km/h
7,500m

500m/min
700km

MG * 2
10kg * 6
木製モノ、羽布
40+12

M.71 はカタパルト射出可能な構造強化型 2. bis 、 M.71 共に翼取外し
CRDA
Cant
25M | 25AR
1929-
1
12 | 10.4m
8.75m
3.12m
29 | 30.9
1,270kg
1,645kg
Fiat
A.20
水冷V12
420hp

246.4km/h

5,500m
6,200m
561m/min
450km
900km
MG * 2

木製モノ、羽布
30+

AR は艦載型で主翼折り畳み可(幅約4m)、カタパルト射出可 設計者は Raffaele Conflenti
SIAI
S.67

1930
1
13.1m
8.97m
2.9m
27.2
1,209kg

Fiat
A.20
水冷V12
420hp

258km/h




3.7h

MG * 2

木製モノ、羽布
3

試作戦闘飛行艇  設計者は Alessandro Marchetti
Military Recon & Bomber



名称



初飛行

乗員
全幅
全長
全高
翼面積(m2)
自重

全備重量

エンジン






最大速度
巡航速度
着水速度
上昇限度

上昇率
航続距離
武装
搭載量
構造
生産数
備考
Macchi
M.3(L.3)


1916

2-3
15.95m
10.25m
3.33m
46
900kg

1,350kg

I.F
V.4B
水冷直6
160hp



145km/h


5,800m

1,000m/5.5min
450-600km
MG * 1
100kg
木骨合板、羽布
約220
Lohner L のコピーから発展した汎用飛行艇
Savoia-
Marchetti
S.16ter
| S.59bis
1919-23
1925-27
3
15.5m
9.9 | 10.36m
3.67 | 3.5m
52 | 60
1,850kg
1,950kg
2,650kg
2,950kg
L.D
水冷V12
450hp
I.F
Asso 500
水冷V12
510hp

190 | 200
140km/h
90km/h
4,000m
4,500m
1,000m/6min
1,000km | 5h
MG * 1
220 | 280kg
木製モノ、羽布
?00 | 232
空軍が採用した最初の飛行艇 2. 民間型 (1/4席) 有り 1925.4: ローマ - メルボルン - 霞ヶ浦間往復飛行など
37年まで第一線に配備 2. 民間型 59P (2/4席) 3. HP式前縁隙間翼追加型多数
Macchi
M.18


1920-28

2
15.8m
9.75m
3.25m
45
1,270kg

1,780kg

I.F
V.6
水冷直6
260hp



187km/h


5,000m


1,000km
MG * 1-2
50kg * 6
木製モノ、羽布
100+
汎用艇 2. 民間型、艦載型(翼折畳可)あり 3. スペイン内戦やチャコ戦争に参加
Piaggio
P6 Ter


1927

2
13.55m
9.67m
4.02m
43
1,796kg

2,516kg

Fiat A-20
水冷V12
410hp




194km/h





1,000km
MG * 1


11
Trento級重巡などに搭載された艦載水偵 2. カタパルト射出可
Savoia-
Marchetti
S.62bis

1926-

4
16.66m
12.26m
4.19m
69.52
2,460kg

4,100kg

I.F
Asso 750
水冷W18
850hp



225km/h
180km/h
90km/h
4,600m

1,000m/4min
900-2000km
MG * 4
600kg
木製モノ、羽布
80+
哨戒爆撃艇 2. 伊空軍では少数採用 3. 民間型 62P (2/4席)  *ライセンス生産含(ソ連、スペインなど)
Memo: 空軍独立(1923年)後に制定された軍用航空機法により、海軍の全ての固定翼機及びその搭乗員は空軍に移籍された。 この法律は軽空母ジュゼッペ・ガリバルディ Giuseppe Garibaldi にハリアー搭載が決定された1989年に失効している。
Mil / Civil Recon & Bomber Passenger Recon & Bomber Passenger
名称




初飛行
乗員/乗客
全幅
全長
全高
翼面積(m2)
自重

全備重量
エンジン




最大速度
巡航速度
着陸速度
上昇限度
上昇率
航続距離
武装
搭載量

構造

生産数
備考
Savoia
(SIAI)
Marchetti
S.55

1924-33
4-6
24m
16.5m
5.7m
93
5,750kg
8,260kg
I.F
Asso 750 R
水冷W18
850hp * 2
など

280km/h
235km/h

5,000m

3,500km
MG * 4
魚雷 * 1
2,000kg
全木製
支柱は金属
各型計 200
/爆機雷の敷設を目的として設計された長距離飛行艇(艇体間に魚雷や爆弾を懸架) 設計者は Alessandro Marchetti Memo: カタマラン
1927.2: Santa Maria 号による4大陸横断大西洋周回飛行−全航程 41,300km
1933.7: 王立空軍創立10周年記念大西洋横断編隊(25機)飛行−全航程 19,800km など
Savoia
(SIAI)
Marchetti
S.55C
| S.55P
1924-28
3/10-12
24m
16.5m
5.7m
93
4,965kg
7,500kg
L.D
12Ed
水冷V12
450hp * 2
⇒ Asso 500
510hp * 2
207 | 240
170 | 200
120km/h
3,800m
1,000m/5.5min
3,500km



全木製
支柱は金属
8+23
国内の3社が地中海で運航(約10年間)した他、ソ連、ブラジル、アメリカのエアラインでも使用されたS.55の旅客型 2. S.55PI.F Asso 750 を装備
Savoia
(SIAI)
Marchetti
S.66

1932
3/14-18
33m
16.63m
4.89m
126.7
7,450kg
10,930kg
Fiat
A.24R
水冷V12
750hp * 3


264km/h
234km/h
111km/h
5,650m
2,000m/7min50
1,290km



全木製
支柱は金属
37+
Ala Littoria 社(23機購入)他3社がS.55の後継として34年から地中海の定期空路に就航させた旅客飛行艇
CRDA
Cant
Z.501
Gabbiano

1934
5
22.49m
14.27m
4.43m
62
3,840kg
7,035kg
I.F
Asso XI
R2C.15
水冷V12
900hp

275km/h
240km/h

7,000m
4,000m/18min
2,397km
MG * 3
160kg * 4 or
250kg * 2
木製モノ
羽布
454
哨戒、偵察、護衛、救難など、様々な任務に49年まで従事した傑作飛行艇 2. Gabbiano =  Memo: Filippo Zappata
Caproni
Ca.60
Transaero
または
Capronissimo
1921
8/100
30.5
23.45m
9.15m
750.9 !
14,000kg
26,000kg
Liberty
水冷V12
400hp * 8



130km/h




660km

5,445kg

木金混合
羽布
1
大西洋横断用旅客飛行艇 2. バラスト(60人分)を搭載した試飛行の際に大破 機体は回収されたが試験再開前に焼失
Civil Passenger Tourer / Trainer Passenger
名称


初飛行
乗員/乗客
全幅
全長
全高
翼面積(m2)
自重
全備重量
エンジン






最大速度
巡航速度
着陸速度
上昇限度
上昇率
航続距離
武装
搭載量

構造

生産数
備考
Cant.6ter


1925-26
2/11
23.2m
14.94m


4,500kg
7,000kg
I.F
水冷V12
400hp * 3
二号艇は
S.P.A
200hp * 3

195km/h


4,000m

1,150km



木骨合板
羽布
2
トリエステ造船所が製作した最初の本格的飛行艇 Cantiere Navale Triestino
Cant.10ter


1926
1/4
15.29m
11.15m
4.06m

2,076kg
2,800kg
L.D
水冷V12
400hp
など



211km/h
150km/h

4,200m

595km

600kg

木骨合板
羽布
18
26年に開設された伊初の航空路線(トリノ - ベネチア - トリエステ)に投入された旅客飛行艇 2. 軍用型 10M
Savoia-
Marchetti
S.56A
1924-30
3
10.72m
7.8m
2.99
26.5
658kg
975kg
Fiat
A.53
空冷星7
120hp
など


144km/h
126km/h

3,600m

350km



木骨合板
羽布 など
50+
旅行/練習飛行艇(水陸両用) 2. アメリカでライセンス生産
Macchi
MC.94

1935
3/12
22.79m
15.52m
5.45m
76
5,285kg
7,800kg
Wright
SGR-1820
Cyclone
空冷星9
770hp * 2
⇒ A.R 126
800hp * 2
290km/h
250km/h

5,800m

1,375km



全木製
支柱は金属
12
Ala Littoria社の地中海、北アドリア海の路線に36年から就航した旅客飛行艇 2. 試作機は水陸両用−1t搭載の高度記録や速度記録を樹立
Macchi
MC.100

1939.1.7
3/26
26.71m
17.69m
6.12m
100
8,740kg
13,200kg
Alfa Romeo
126 RC.10
空冷星9
800hp * 3



310km/h
263km/h

6,500m

1,400km



全木製
支柱は金属
3
MC.94の拡大、発展型 2. 開戦後は伊 - リビア間の兵員輸送に従事 3. 離水距離が長い(特に満載時)
Mil / Civil Tourer / Trainer Sailplane Experimental
名称


初飛行
乗員/乗客
全幅
全長
全高
翼面積(m2)
自重
全備重量
エンジン




最大速度
巡航速度
着陸速度
上昇限度
上昇率
航続距離
武装
搭載量

構造

生産数
備考
Caproni
Ca.100
Caproncino
1928
2
10m
7.3m
3.04m
24.44
685kg

Colombo
S.63 130hp
I.F Asso 80R
115hp
など
170km/h
140km/h

4,500m
2,500m/22min
600km



木骨合板
帆布
2+675
DH.60 Moth をモデルに開発
Breda
Ba.25 Idro

1931
2
9.6m
8.3m
4.5m
24.7
880kg
1,130kg
Walter
Castor
空冷星7
240hp
など
190km/h


4,900m

400km



木金混合、羽布

24+720
Ba.25から派生した水上練習機
Bonomi
BS-17
ALLIEVO C
1933
1
10.5m
6.37m

17.8
125kg















木骨合板
帆布
多数
セカンダリークラスの練習用滑空機
Stipa Caproni


1932
2
14.3m
5.92m
3.24m
19
777kg
850kg
DeHavilland
Gipsy III

空冷直4
120hp

133km/h

68km/h
3,700m





木骨合板
帆布
1
ベンチュリー管型胴体により、「抵抗を減少、或いは消滅」させることを狙った実験機 2. プロペラ後流中に尾翼がある為操縦性良好 3. 管型胴体が「揚力に寄興」し、離着陸距離が短(180m) 4. 設計者は Luigi Stipa (1900-1992) 5. 複操縦装置搭載 * ベンチュリー管についてはwikiを参照してください
D'AT-3
(D'Ascanio
Trojani 3)
1930
1
直径:13-15m




800kg
Fiat A-505
95-100hp






18m

8min45






1
オートジャイロ同様のフラッピングヒンジを備え、翼後端のサーボ・タブによりピッチ角変更が可能 2. 設計者は Corradino D'Ascanio (1891-1981) 3. 滞空時間の世界記録を樹立(1930.10.10) 4. 操縦性良好 * Trojani = スポンサー。 男爵
Memo: Stipa Caproni の備考欄は NII論文情報ナビゲータ http://ci.nii.ac.jp/ ⇒ [ Venturi管型胴體を有するStipa-Caproni式飛行機 ] を参照しました。

Corradino D'Ascanio (1891-1981)
Pomilio社、Piaggio社で多くの機体を手掛る。 1946年、現代のスクーターの原型となった「Vespa」(販売台数累計1600万台以上http://www.vespausa.com/)を設計。