×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


Kingdom of the Netherlands  2004年6月06日 HOME
Fighter Bomber & Reconnaissance Trainer


試作型

名称

初飛行
乗員
全幅
全長
全高
翼面積(m2)
自重
全備重量
エンジン




最大速度
巡航速度
着陸速度
上昇限度
上昇率
航続距離
武装
搭載量


構造
生産数
備考
Fokker D.XVII

1936
1
9.6m
7.2m
3m
20
1,070kg
1,450kg
Rolls Royce
Kestrel IIS
水冷V12
595hp など

356km/h
298km/h

8,750m

850km
7.9mmMG * 2



木金混合、羽布
12
東インド諸島(現インドネシア)の植民地に配備
Fokker C.VD

1924
2
12.5m
9.55m
3.5m
28.8
1,420kg
1,915kg
Hispano-Suiza
12N
水冷V12
450hp など

225km/h
185km/h

5,500m

770km
MG * 2
8kg * 14
or 50kg * 4

木金混合、羽布
295
エンジンや翼の交換が可能な汎用軍用機 2. 派生型多数あり
Fokker C.X

1934
2
12m
9.2m
3.3m
31.7
1,550kg
2,900kg
Bristol
Pegass XII
空冷星9
835hp など

335km/h
275km/h

8,100m
3,000m/5min20
900km
MG * 2-4
25kg * 16
or 50kg * 8
or 100kg * 4
木金混合
39+
偵察/軽爆撃機 2. フィンランドでライセンス生産
Koolhoven
FK.51
1935
2
9m
7.85m
2.85m
27
980kg
1,450kg
Armstrong-
Siddeley
Cheetah IX

空冷星7
350hp など
235km/h
215km/h

5,600m

730km
7.7mmMG * 2



木金混合、羽布
142
偵察/練習機 2. 空軍、海軍、植民地軍及びスペイン政府が購入
Fokker S.IX

1937
2
9.55m
7.65m
2.9m
23
695kg
980kg
Armstrong-
Siddeley
Genet Major
空冷星5
165hp
185km/h
150km/h

4,300m

710km




木金混合、羽布
38
曲技飛行も可能な基本練習機 2. オーストラリア海軍が15機購入
Passenger

名称

初飛行
乗員/乗客
全幅
全長
全高
翼面積(m2)
自重
全備重量
エンジン



最大速度
巡航速度
着陸速度
上昇限度
上昇率
航続距離
搭載量
構造
生産数
備考
Fokker F.II

1920
2/4
16.1m
11.65m
3.17m
42
1,200kg
1,894kg
BMW IIIa
水冷直6
185-220hp など

150km/h (s.l)
130km/h
70km/h
3,200m

600km

木金混合、羽布
約30
Fokker社製旅客機のスタイルを確立 2. 設計者は Reinhold Platz 3. KLM が装備した最初の機体
Fokker F.III

1921
1/5
17.62m
11.07m
3.65m
39.1
1,280kg
2,150kg
Armstrong
Siddeley Puma
水冷直6
237hp など
160km/h
132km/h

3,000m

640km

木金混合、羽布
51
F.IIの改良型 2. ドイツでライセンス生産
Fokker F.VIIa
(1M)
1924
2/8
19.7m
14.35m
3.9m
58.5
1,935kg
3,472kg
Bristol
Jupiter VI
空冷星6
395hp など
185km/h
155km/h

3,000m

700-1,036km
900kg
木金混合、羽布
42
欧州の7カ国で使用された長距離輸送機
Fokker
F.VIIb/3m
1925
2/8
21.7m
14.5m
3.9m
67
2,865kg
4,500kg
Wright
Whirlwind J-6
空冷星7
300hp * 3 など
190km/h
178km/h
75km/h
4,000m
1,000m/6min
1,200km

木金混合、羽布
161
26-30年にかけて世界各国で使用された傑作長距離旅客機 2. F.VIIを三発に改造 26年5月: 飛行機による北極点初到達 28年5月: 南太平洋横断飛行など
Fokker F.32
(USA)
1929
2/16-32
30.18m
21.28m
5.03m
124.6

10,200kg
Pratt & Whitney
Hornet B
空冷星9
525hp * 4

198km/h

5,500m

1,190km

木金混合
2
Western Air Expressが$110,000で購入した豪華旅客機 2. 快適性安全性を追求 3. 運行経費や維持費(木製構造の主翼の腐食対策など)が高い(29-33年: 大恐慌)
Passenger Sport Transport Seaplane

名称



初飛行
乗員/乗客
全幅
全長
全高
翼面積(m2)
自重
全備重量
エンジン




最大速度
巡航速度
着陸速度
上昇限度
上昇率
航続距離
武装
搭載量

構造
生産数
備考
Koolhoven
FK.41
Desoutter
Mk.II Dolphin

1928
1/2
10.5m
7.8m
2.13m
17
535kg
900kg
De Havilland
Gipsy Major I
空冷直4
130hp など

195km/h
161km/h

5,180m

805km



木金混合、羽布
7+41
イギリスでライセンス生産 2. エアタクシー、患者輸送機などに使用
Koolhoven
FK.50A


1935
2/8
18m
14m
3.7m
44.7
2,505kg
4,100kg
Pratt & Whitney
R-985-T1B
Wasp Jr

空冷星9
400hp * 2 など
295km/h
260km/h

5,200m

1,000km



木金混合
3
スイスのAlpar航空が購入、62年まで運航 爆撃機型(計画のみ)
Koolhoven
FK.46


1932-33
2
8m
7.1m
2.8m

590kg
850kg
De Havilland
Gipsy Major I
空冷直4
130hp

175km/h
155km/h
64km/h
4,750m
2,000m/10.3min
590km



木金混合、羽布
3-4
基本練習機として開発 2. 通称 Koebeest = 牛 (順良な操縦性から)
Pander S.4
Postjager


1933
2-3
16.6m
12.5m
3.3m
46
3,200kg
5,700kg
Wright
R-975-E2
Whirlwind
空冷星9
420hp * 3
360km/h
300km/h

6,050m






1
本国−東インド間を結ぶ高速郵便機として開発 2. MacRobertson レースに参加
Fokker T.IVA



1927
4
26.2m
17.6m
6m
97.8
4,665kg
7,200kg
Wright
Cyclones
SR-1820F-2
空冷星9
750hp * 2
260km/h
215km/h

5,900m

1,560km
7.9mmMG * 3
800kg
or 魚雷
木金混合
18
主に植民地で使用された水上偵察/雷撃機