×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

*
Belgium  2006年2月09日 更新 HOME
*
名称

種別
初飛行
乗員
全幅
全長
全高
翼面積 m2
自重
全備重量
エンジン



最大速度

巡航速度
上昇限度
上昇率
航続距離
武装
搭載量
構造
生産数
備考
Renard Epervier

戦闘機
1928
1
10.2m
7m
2.76m
20
844kg
1,300kg
Gnome-Rhone
Jupiter IV
480hp

273km/h

258km/h
9,300m

620km
MG * 2

金属羽布

試作機
Florine II

ヘリコプター
1933
1
直径: 7.2m
羽数: 4



950kg
Renard 200hp






6m *

約10min *


金属骨
3
実験機 2.世界初のタンデムローター機 3. ローターの回転方向が同じ 4. 設計者は Nicolas Florine *データは二号機 (1934.4
Renard R.31

直協機
1935
2
14.4m
9.24m
2.92m
32
1,400kg
2,150kg
Rolls-Royce
Kestrel IIS
水冷V12
525hp
294km/h
@ 4,000m
239km/h
8,750m

650km
MG * 2-3
80kg
金属骨羽布
34
LACAB GR.8

爆撃機
1936
3-5
18m
13.45m
4.15m
65
3,400kg
5,200kg
Gnome-Rhone
14Kdrs
空冷星14
770hp * 2
360km/h


8,800m

1,000km
MG * 3-4
800kg

1
試作機 2. スペイン内戦に参加
Memo Tandem Rotor Helicopter : 互いに逆回転する2個の回転翼を機体の前後方向に並べて取り付けたヘリコプターで、アメリカのパイアセッキ ( F.N. Piasecki ) が製作した。 …回転翼の間隔を広げることによって前後方向の重心移動の許容範囲が大きくとれるのが特徴であり、大型機に採用され、重量物、多人数の輸送が可能である。 他の回転翼機と同様に、左右方向の安定には、互いに逆回転する主回転翼によって機体を回転させるトルクが打ち消されるため、補助回転翼を必要とせず、方向転換は差動的にピッチ ( blade angle = 羽根角 ) を変えてトルクの均衡を破ることによって行われる。 地人書館刊 航空宇宙辞典 増補版 383 - 384P より 参考サイト: Aviation Now / 航空の現代


*
Switzerland  2006年2月07日 更新 HOME
*
名称

種別
初飛行
乗員
全幅
全長
全高
翼面積 m2
自重
全備重量
エンジン


最大速度

巡航速度
上昇限度
上昇率
航続距離
武装


搭載量

構造
生産数
備考
Comte AC-1

戦闘機
1927
1
12m
7.13m
3.12m
24
920
1,320
Gnome-Rhone
Jupiter IX
420hp
245km/h


9,000m

450km
MG * 2




金属羽布
1
コント社初の自主設計機 2. 28年国内高度記録達成
Comte AC-3

爆撃/輸送機
1930
2-3
26m
18m
6m
95
4,000
6,500
Hispano-
Suiza
600hp * 2
210km/h

170km/h
5,300m

1,500km
MG * 4


貨物、兵員、爆弾
など
木金混合羽布
1?
ボリビアに売却
Comte AC-4
Gentleman
汎用機
1928
1+2
12.3m
8.1m
2.8m
20
500
800
Cirrus Hermes 3
空冷倒立直列4
138hp
170km/h

130km/h
4,000m

700km





木金混合羽布
11
Alpar (1929 - 47)、Swiss Air (1931 - 01) の国内線に就役 (29 - 48) 現在も飛行可能な欧州最古の機体
EKW C.35

直協機
1936
2
13m
9.25m
3.75m


3,112kg
Hispano-
Suiza 12Ycrs
水冷V12 860hp
335km/h
(4,000m)

10,000m

620km
Hispano
20mm * 1
7.5mm * 3
10kg * 10

木金混合羽布
90
Fokker C.5 の後継機 2. C.36 と同時に開発


*
Spain  2004年4月20日 更新 HOME
*
C.8W
名称

種別
初飛行
乗員
翼直径
全長
全高
翼面積 m2
自重
全備重量
エンジン


最大速度
巡航速度
最小速度
上昇限度
上昇率
航続距離
構造
生産数
備考
CIERVA
C.6A
オートジャイロ
1924
1
10.97m
10.46m


676kg

Le Rhone
9JA
110hp






木骨羽布

羽ばたきヒンジを実用化回転翼機の原型
CIERVA
(Avro) C.8
オートジャイロ
1928
1-2
12.06m
10.97m
4.5m

794kg
1,107kg
A.S.Lynx
180hp

161km/h
132km/h



410km
木骨羽布
輸出有り
Avro 504のボディを流用
Cierva
C.19 Mk.IV
オートジャイロ
1931
2
11.9m
5.56m (body)

8.31 / 3.8
476kg
703kg
A.S.Genet Major
空冷星5
100hp
145km/h
121km/h
40.3km/h
3,350m
1,040m/10min
403km (2.7h)
木金混合、羽布
28+?
既存の機体を流用せずに製作された最初のオートジャイロ 2. 離陸距離 27m 着陸距離 2m 3. 垂直離陸が可能な C.30 に発展
CIERVA
C.24
オートジャイロ
1931
2
9.36m
5.46m
2.5m

326kg
680kg
D.H Gipsy III
120hp

196km/h
158km/h



400km


de Havilland社で生産